SCOPE-blog

カメラマン齋藤清貴と株式会社 SCOPEのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

写真と絵画と映画

「写真は絵画と映画の中間に位置する」と聞いたことがあります。
絵画の描写するという技術をさらに機械的に、そして詳細にしたものが写真であり、
その写真から動的な世界へと発展したものが映画である、と。
そのため、時間ができれば見て本物に触れに行っています。
最近見に行ったものを紹介します。

・「語りかける風景」展

100712_2.jpg

・「オルセー美術館展2010」

100712.jpg

・「孤高のメス」
・「告白」
・「瞬」
・「トイストーリー3」
・「踊る大走査線3」

すべてはつながっていて、それぞれが共通の基盤にたって発展してきたのだと思うと、
どの作品もしっかり吸収して自分の糧にしたいと、
必死になって見ていました。

chujo
スポンサーサイト
  1. 2010/07/12(月) 22:47:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<< | ホーム | 素敵な時間>>

コメント

ちょっと時間があいてしまいましたが「奇跡の一枚」見ましたよ☆
やっぱり女性陣の一枚が見ていて楽しかったです。女性はどこまでもキレイになれるんですね。

さて、絵画に反応して最近見たものですが、もう終了してしまいましたが「ノーマン・ロックウェル」展です。近所で行われている、というだけで見に行ったのですが、クリスマスの季節に某百貨店の紙袋に使われていたイラストレーターの絵だと分かり、感動。しかし、より感動したのは日常が“こうあってほしい”という温かな気持ちから描かれていたこと。そして、時代というものがしっかり刻まれていたこと。いつも思いますけど、素晴らしい作品て時代を超えるけど、その人が生きた時代がしっかり刻まれているなー、不思議。と凡人は思ってます。
(あ、意味不明ですみません。自分が勉強しないから距離が遠い気がするのかな…なんか)

長々失礼しました。
また、どんなもの鑑賞したのか。随時、教えていただきたいなーと思いました。
  1. URL |
  2. 2010/07/22(木) 23:38:41 |
  3. kyaro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://scopetyo.blog28.fc2.com/tb.php/181-46de2205
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

株式会社 スコープ

Author:株式会社 スコープ
(株)SCOPEのブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。