SCOPE-blog

カメラマン齋藤清貴と株式会社 SCOPEのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウィリアム エグルストン

今日は、「ウィリアム エグルストン:パリ-京都」を見に原美術館へ行ってきました。
パリも京都も、エグルストン独自の視点で切り取られ、
色鮮やかに表現されていました。

どんな被写体をも逃さず発見し、切り取る。
それは撮影者次第であるということを改めて感じました。

100616.jpg

写真は美術館内にあるカフェで頂いたベリーペリエです。
緑が美しい中庭を眺めながらのひとときは、心が安らぎます。

chujo
スポンサーサイト
  1. 2010/06/17(木) 02:18:01|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<素敵な時間 | ホーム | 「DREAM GIRLS」>>

コメント

美術館

こんばんは。美術館好きなので反応してしまいました。
原美術館は、まだ訪ねたことがありません。ものすごく興味があります。

先日私は、元同僚の方のお誘いで、庭園美術館と写真美術館に行って参りました。前者では「ロトチェンコ+ステパーノワ ロシア構成主義のまなざし」、後者では、「古屋誠一 メモワール」「侍と私」を鑑賞してきました。
基本、絵画が好きなので、その前にはBunkamuraミュージアム「レンピッカ展」、オープンしたての三菱一号館美術館での「マネとモダンパリ展」も行きました。最近はダッシュで森ビルの「ボストン美術館展」に。

長々書きましたが、写真も絵画も“今”という一瞬を大切に切り取った最高傑作なんだなーと、方法は違えども改めて思いました。そして、その『時』が今に存在する、…ってすごいです。
たくさんの良い作品と出逢うと、脳みそが喜びますねー。
…という、凡人の楽しみでした☆
  1. URL |
  2. 2010/06/18(金) 23:02:55 |
  3. kyaro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://scopetyo.blog28.fc2.com/tb.php/179-680ece96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

株式会社 スコープ

Author:株式会社 スコープ
(株)SCOPEのブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。